介護会社 ㈱日本介護センターのホームページへようこそ

電話問合せ

介護サービス

side_menu_list_header

ホーム > 介護サービス

介護サービス

居宅介護支援事業

居宅介護支援事業

介護保険のサービスを利用するためには、区市町村などで申請を行い要支援・要介護認定を受ける必要があります。この申請手続きを当社の居宅支援事業所では、 ご利用者やご家族の代わりに無料で代行させていただきます。
ケアマネジャー(介護支援専門員)が住み慣れたご自宅や地域で適切に介護サービスを利用できるよう、ご利用者とご家族の要望を踏まえて、 お一人お一人の状態にあわせ最適・最善の介護サービス計画書を作成いたします


訪問介護事業

訪問介護

介護保険法や障害者総合支援法に基づき、有資格者のホームヘルパーが、介護を必要としたご利用者のご自宅に訪問し身の回りのサービスを行います。
住み慣れた家で、ご利用者の生活の質の向上を目指して様々なお手伝いを致します。


福祉用具・住宅改修

福祉用具・住宅改修
福祉用具レンタル
ご自宅で自立した生活が送れ、介護者も介護負担を軽減できるように、福祉用具レンタルサービスがあります。
福祉用具購入
介護保険の要支援・要介護認定を受けた上で、ポータブルトイレやシャワーチェアなど、定められた「特定福祉用具」を1割負担で購入することができます。
住宅改修
安全な生活が送れるよう、生活環境を整えるために小規模なリフォームを行う場合、20万円を上限にかかった費用の9割が支給されます。

デイサービス

デイサービス

デイサービス(通所介護)とは介護保険の要支援・要介護認定を受けたご利用者に、 ご自宅までの送迎、入浴、食事、レクリエーションなどのサービスを提供する日帰りの介護サービスです。
閉じこもりがちな要介護者が外出して、家族以外の人と交流する機会としてもとても有効です。


ショートステイ

ショートステイ

ショートステイ(短期入所生活介護)とは、介護保険で要支援・要介護認定を受けた、ご利用者に対し短期間だけ宿泊ができる介護サービスです。
介護をするご家族が、冠婚葬祭・旅行など一時的に介護ができない場合もご利用できます。日常生活の支援など快適な生活のサポートをいたします。


グループホーム

グループホーム

医師の診断により認知症と診断を受けた方で、介護保険の要支援2~要介護5の認定を受けた方が入居できます。
1ユニット9人の少人数で、掃除・洗濯・調理・買物など、日々の生活をスタッフと共に行いながら、支えあって共同生活を送ります。
認知症高齢者が「その人らしい生活」を送れるようサポートし、今までの「なじみ」の生活を大切にしていきます。
学習療法を取り入れて、認知症状の改善や進行を遅らせる取り組みをしています。

頁トップ戻り

Copyright© Nihon-kaigo-center Inc. All rights reserved.